カイラの、自分らしく生きるためのブログ

ドタバタ3人育児、夫婦関係のこと、生活の豆知識など

子供が虫歯?歯医者に行った話と、歯医者さんに聞いた歯磨きのコツ


f:id:kailla:20200229083011j:image

 


f:id:kailla:20200229083347j:image

「保育園の歯科検診で指摘された!」

 

という、うちの長女のようなお子さんはいらっしゃいませんか?

 

チョコレート好きの長女に、とうとう小さな虫歯ができた模様です。

そりゃ、毎日のようにチョコレート食べてるもんね。

 

という訳で、長男と長女を連れて歯医者に行って来ました!

 

  • 子どもの虫歯が気になる
  • 歯医者に連れて行くのが不安
  • 歯磨きの仕方に自信がない


という方に読んでいただければと思います!

 

 

子供が虫歯?歯医者は行った方がいい?


f:id:kailla:20200229080231j:image

初めての歯医者。
近くにある小児歯科に行って来ました。

 


f:id:kailla:20200229083411j:image

「嫌がるだろうなー」

 

というわたしの想像は外れ、

保育園の歯科検診と同じようなものだと思っているのか、全然嫌がりませんでした。

 

小児歯科なので、アンパンマンや、ピカチュウやジブリなどのキャラクターが
至るところに貼られていたりして、
「あそこからピカチュウのぞいてる!」
と楽しそうにリラックスしていました。


まずは先生による歯みがき。

次に歯のチェック。


以上でした。

もう終わり?
虫歯がとても小さい状態だったので、今のところ治療は必要ないようです。
乳歯だと、そういうふうにすることもあるみたいですね。

 

「上手におくち開けられるねー。」
と言われ、長男も長女もごきげんでした 笑

ただ、長女は
「前歯が虫歯になっているから、フロス(糸ようじ)を歯みがきの時に毎日してあげてね。」
と言われ、これから継続的に様子を見ていくようです。
帰りにフロスを購入し、今は家での仕上げ磨きの時に使っています。

 

そして、頑張った子には、ガチャガチャができる1回分のコインがもらえるということで、
2人とも、もらったコインでガチャガチャを楽しみました 笑

歯医者さんに「いい子やったねー。」とほめてもらったことでテンションも上がり、
「また、歯医者さんでガチャガチャするー。」と言ってました 笑

 

歯医者は行った方がいい? 結論

  • 歯医者が怖いというイメージがないときに連れていくと親も子どもも楽。
  • 子どもの虫歯が気になるときは、早めに行った方がいい。

 

 

子どもの歯医者 行く頻度は?


f:id:kailla:20200229091420j:image

「大人と同じように、子どもも定期的に歯医者に行った方がいいの?」

 

悩みますよねー。

 

歯医者さんに言われたのは、
「歯医者に行くことに慣れている方が治療も楽に出来るから、4ヶ月に一度ぐらい、定期的に通った方がいい。
麻酔などを打つことになっても、緊張しないから痛くなく打てる。」
ということでした。

 

小さい子どもは、
・7割ぐらいは一人で磨けるようになること。
・歯医者に来たら、 一人で診察室に入って、
椅子に座ったら口を開けて、歯を診てもらえること。
っていうのが目標だそうです。

 

歯医者に行く頻度は? 結論

  • 慣れるためにも、虫歯になる前に4カ月に1度ぐらいで定期的に行った方がいい。
  • 慣れておけば、もし麻酔などをすることになっても、治療も楽にできる。

 

 

子供の虫歯予防  歯医者さんから聞いた、歯みがきのコツとは?


f:id:kailla:20200229092407j:image

子どもの仕上げ磨きをすると
「痛い!!」
と言って嫌がることはありませんか?

嫌がりにくい磨き方のコツ、子どもを歯磨きに誘う方法を聞いてきました。


・磨き方のコツ
口の中の感覚は上の方と前の方が敏感なので、下の歯の、奥から磨くといい。
ずっと連続して磨くとつばが溜まって疲れるので、
下の奥、下の前、休憩、上の奥、上の前
の順で。

 

いつも同じ順番で磨くことで、子どもが見通しをつけることが出来るので頑張れる。
バラバラの順で磨くと、終わりが見えなくてつらくなる。

 

「歯みがきじょうずかな」の歌のように
「♪うえのはー♪したのはー♪まえばー♪おくばー」の順じゃないことに、個人的には衝撃でした。


・歯みがきを誘うコツ
「歯磨きしようか?」だと
「いやー!」ってなることがあるので、
歯みがき粉を何種類か用意して、
「今日はイチゴにする?バナナにする?」と、
「磨くことを前提として」選ばせるといい。


ちなみに歯みがき粉は使った方がいいそうです。
歯磨き粉にはキシリトールやフッ素などが入っており、
口の中に成分が残っている方がいいので、うがいはしなくていいとのこと。
ただ、「ぶくぶくぺー」のうがいの練習は小さいころからさせた方がいいらしく、
小学校に上がるぐらいの年齢まで出来ないと、ずっと出来ない可能性もあるそうですよ。

 

歯みがきのコツは? 結論

  • いつも同じ順番で磨く(下の歯から、奥から)
  • 磨くことを前提として選ばせる
  • 「歯みがきじょうずかな」の歌の通りではない(←こだわりすぎ)

 

 

まとめ


f:id:kailla:20200229091731j:image

 

  • 虫歯がない時点で行くことで、歯医者は怖い場所ではないと思える。
  • 慣れることで、虫歯になったときも楽に治療できる。
  • 同じ順番で磨くことで、子どもが見通しをつけられる。


「虫歯は親の責任!」みたいに思ってしまうから、ついつい力んで考えてしまいますが、
「ちょっとぐらい虫歯ができても大丈夫ですから、あまり気負わないように。」
と先生が言ってくれました。

ちょっと気持ちが軽くなりますね。


子どもの虫歯や歯医者に行くこと、 歯磨きに悩むお母さんの参考になれば嬉しいです!

 


ちなみに・・・
買い物に行った時に、長女に
「チョコレート以外のお菓子にしなさい!」
って言ったら、お菓子と売り場の子供用のお菓子のチョコレート率の高さよ・・・。

 

「おかーさん、なにえらんだらいいの?」
って聞かれました。そりゃそーだ。
グミ?ラムネ?
わかるよ。チョコレートの魅力には劣るもんね。
子どもが美味しいと感じる虫歯になりにくいお菓子、何がいいんだろ?